飲酒運転は絶対ダメ

2014.1.22|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

gf1120107985w

 

電車やバスの様に時刻表を気にすることなく、いつでも自分の都合で行きたい場所に行くことができる車は、大変便利な交通手段ですが、その安全な利用の為には当然のことながらルールやマナーを遵守する必要があります。

 
交通標識を必ず守って、円滑な交通の妨げにならない様に心がけることはもちろん、ルールには無くともお互い譲り合いの精神を持って、気持ち良く道路を利用することが大切です。

 
そして、車に乗る以上絶対にやってはならない行為が飲酒運転です。

 
確かに人によっては、ビールをコップに一杯飲んだ程度では酔いを感じないことも多いですし、運転に支障が無いという勘違いもしてしまいがちですが、酔った自覚が無い様な少量の飲酒であっても、確実に注意力や判断力は低下しています。

 
車の運転と言うのは常に高い注意力と判断力が必要となるものですが、これらがわずかに低下するだけで大きな危険を招く恐れがあります。

 
飲酒が脳に及ぼす影響と言うものは、一般的にイメージされるよりも大きいものです。

 
交通事故というものは自分の問題だけでなく、他の無関係な人を巻き込んでしまう可能性のある恐ろしいものです。

 
一滴でもお酒を飲んだら決して運転しないことを徹底しましょう。

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。