上手な選び方

2014.1.22|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

gf1120107985w

 

性能差のあるものなので、価格だけで選ぶのはあまりよくありません。

 

電波を探知すると言うのは、アナログな回路による物なので、製品ごとの性能にバラつきがあり、定評のあるものほど性能差が少ないと言われています。

 

ですからデジタル機器のようにスペックが同じなら性能も同じだろうとは言えないのです。

 

生産管理という手間のかかる実に見えない費用の差が性能差に現れます。

 
ですからしっかりしたつくりの老舗メーカーの物が有利で選び方の基本になります。そしてあまり小さな物も性能的に不利になると言えます。

 

また最近の製品は単純にレーダーの電波を感知するだけでなく、GPSと連動して車の位置からあらかじめデータとして持っている速度取り締まり機を警告してくれる機能がありこれが重要となっています。

 

速度取締り装置にはレーダーを用いていない物があり、その場合は電波を見張っているだけでは無意味ですが、そういうところは大体大掛かりなもので数も少ないので過去のデータを参照する機能が大変有効です。

 

電波でわかる場合でも、過去のデータがあればかなり手前から警告できるのであらかじめ対応できるので、急に警告音がなってあわてるような事が少なくなります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。