レーダー探知機とは

2014.1.22|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

 

gf1120107985w

 

レーダー探知機は最近では非常に進化してきています。

 

以前まではレーダー波のみを受信していたため、コンビニの自動ドアに反応してしまったりしていましたが、今ではデジタル信号処理をするようになったためこのようなことが起きることは少なくなりました。

 

また、取締りもレーダー波を出しているだけのものからステルス式レーダーやそもそもレーダー波を使わない物が増えてきています。

 

それに対応するようにGPSを搭載し、現在地を判断し登録されている警報対象箇所にて警報を出す物に変わってきています。

 

また、GPS機能と定期的な警報対象箇所のデータを更新することで新しい場所での警報を知らせてくれたり、撤去されたポイントでは警報しないような機種も出てきています。

 

しかし、これらの機能でも完全に取締りを防ぐことはできません。

 

しかし、このように随時警報を出してくれることでどういった場所で警戒すべきか、といったことが分かるようになります。

 

これにより速度だけでなくつい忘れがちな違反を防止することもできます。

 

また、緊急車両の接近を知らせてくれたりサービスエリアなどの休憩場所の表示等の機能もついていることからより安全で快適な運転に役立てることができるでしょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。