性能の差の違いとは

2014.1.22|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

gf1120107985w

 

自動車の性能の差を考えた時に直ぐに思いつくものはどの様なものがあるでしょうか。

 
例えば車選びを行う際にはデザインやタイプをお好みのものを選び、次に燃費を気にされる方が圧倒的に多いかと思います。

 

ここ最近の石油価格の高騰によりドライブ自体が高級なものになりつつあります。

 

この要素を軽減してくれるのが燃費に対するパフォーマンス。ハイブリット自動車や電気自動車、もしくはそれ以外でも燃費向上させた自動車などが各社より販売されております。

 

しかしながら実際にはガソリン代として出費していなくとも購入時の初期投資が高額となり、直ぐには購入出来ないと言うのも実情です。

 

一方、安全面での視点から見てみると人間が運転する際に起こりうるミスやアクシデントをカバーする形で自動車にはあらゆる機能が付加されて来ました。

 

古くはABSから現代ではクルーズコントロールやアクティブクルーズコントロールと言ったスピードを一定に保ったり、前の車への追尾や衝突を防ぐ機能です。

 

どの機能も安全に対するものですが、補佐であってメインのコントロールはやはりドライバー自身が行うものです。

 

行きたい方向へ向かうのも走りたい速度で走るのも運転している私達自身が判断し実行しています。

 

これからはもっと革新的な機能が出て来る事でしょう。

 

既に開発中である自動走行する車。「あなたと家族を安全に送り届けます」と言ったキャッチフレーズのCMが流れるのもそう遠くない未来です。

 

しかし自動車を運転する楽しみや解放感が損なわれてしまうのではと懸念もあります。

 

移動手段としての車か、運転する楽しみとしての車なのか、で必要とする方向性が変わって来るのでは無いでしょうか。

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。